ボロゴリラ>ボロリラBLOG

初代メッキゴリラ中心の、車&バイクのブログです
<< ボロリラ99 - フロントフェンダー裏の塗装 | main | ボロリラ101 - リア周りの変更 準備 早矢仕スイングアームのブレーキロッド >>
ボロリラ100 - リア周りの変更 準備 スイングアーム

ふと気づけばなんと、ボロゴリラ記事も100回目の投稿になります。

誰得な記事ばかりですが、まだまだ続きますので宜しくお願い致します。

 

前回までにフロント周りのリフレッシュが終わりましたので、今回からはリア周りに手を付けていきます。

メインはスイングアームの交換と、リア部分をバラすので普段は磨きにくい部分(スイングアームが付く部分のフレームなど)を磨いていきます。

 

10年近く前にモンキー・ゴリラのレストアを思い立った時から、いずれはロングスイングアームも必要になるな!と、機会があると当時あんまり人気が無かった古い時代のスイングアームを収集しておりました。

■↑の写真、左からタケガワ超初期16cm、タケガワ初期16cm、タケガワ8cm、早矢仕6cm(早矢仕のって6cmロングですよね?)というラインナップです。ちなみに私的なタケガワの初期っていう区分けはチェーン引きの違いです ■

 

しかし、ある程度作業が進んで行きバイクの形になってくると、純正のスイングアームの醸し出す寸足らず感が意外と気に入ってこのままでも良いかなと思うようになり、スイングアームの交換は保留状態が続いておりました。

 

しかも純正スイングアームは意外に走行性が良く、狭くタイトなコーナーが続く様な山道を走ると見た目の華奢な印象とは違い、しっかりとした剛性感があり動きもクイックで個人的には操縦性も全く不満はありませんでした。もちろんタイヤとリアショックを交換した後の所感ですけどね。

よくノーマルスイングアームだと直進安定性についての不安を書かれている方もいらっしゃいますが、私的には特に恐怖を感じるようなことはなかったです。(そもそもそんなに飛ばす根性が無い)

 

にもかかわらず今回交換に走るのは、現在付いているメッキゴリラ純正のスイングアーム、当然メッキなんですがそのメッキの状態がいまいちなこと。今までは痛んだメッキも気にならなかったのですが、前回までの作業でフロント周りを含めた色々な部分が飛躍的に綺麗になったので、この勢いでリア周りも綺麗な部品を使って仕上げたくなったのです。

 

収集品の中から選ばれたスイングアームは早矢仕の物です。(メッキゴリラ純正と同じメッキですしね)

ステッカーも綺麗。

サビもほとんどありません。

 

が、交換作業を始める前に用意する物がまだあります・・・次回へつづく

 

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 21:35 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:35 | - | -









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ