ボロゴリラ>ボロリラBLOG

オートステッカーネット店主の初代メッキゴリラあれこれブログです
ボロリラ79 - リアタイヤ交換

前回のキャッチタンクのセッティングの後に撮った写真

 

 

なんとなく気付いてはいたのですが・・・

 

ん?

 

勇気をもってよーく見ると

 

うぎゃっ、なんじゃこりゃ?

 

外してみました。

 

ぎゃー!… 小学6年生のランドセル以上のシワです (-_-;)

 

「数百キロ走行後取り外して数年保管です」というタイヤを入手して、私もそのまま「数年保管」・・・・・

 

組んで数カ月でこの状態。

保管中に死んでいたのですね、このTT100様は。
 

 

んで、組み換えました・・・・懲りずに今度も中古タイヤ  (V)o¥o(V)

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 15:32 | comments(0) | -
ボロリラ78 - オイルキャッチタンク

前回のレギュレター化の作業の時、ついでにキャッチタンクの配管・・・・・

いや、配ホース?をしました。

タンク自体はかなり前から「オイルノーキャッチタンク」として装着していましたが今回めでたく本物のキャッチタンクになることが出来ました。

ヒデキ感激です。

 

作業自体は全くもって難しいことはありません。

何故か30年以上前から工具箱の隅に潜み続けたタペット部分取り出し口を

雑にブラストしてヘッドに取り付けホースを装着します。

 

 

ビョーン。

 

 

近場のホームセンターにホースを探しに行ったのですが、欲しい物のイメージとは違う微妙な色のラインが入った園芸臭ぷんぷんの物しか無かったので、モノタロウで入手しました。

私の周りの指摘マンたちは「オイルクーラーと同じ黒の耐油ホースの方がカッコいいのに!」とか言っておりましたけど、私は昔からブリーザーホースキットと言えばこの半透明風ホース、すぐにオイル汚く硬くなるこのホースが好きなんですっ! ←年取ると必要以上に我が強くなるという現象・・・

 

 

リア側出口はナンバーの裏あたりに固定しました。

(万が一後ろにミストが飛ばないように→気休めか)

 

 

戻りは、オイル注入口に戻すのは嫌だったので(オイ ル量を見たりするのに邪魔)無理やりφ数を変更してノーマルのブローバイの開放口に戻しました。いいんかいなこんなんで?

 

 

ある程度タイラップで固定して、ハイ終了!

 

作業後の試乗では、予想通り違いは分りませんでした (*^^)v

まぁ、もともとノスタルジックを求めて改造してるので雰囲気優先と言うことでは大満足です。

早くホースが黄ばんで欲しい・・・

 

 

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 12:25 | comments(0) | -
ボロリラ77 - 6Vのままレギュレター化する

6Vモンキー&ゴリラ乗りの皆さんの中では比較的定番のレギュレター化をやってみました。

 

別に標準のレクチファイアでも機能的には、特に不便というか不満は無かったんですけど・・・  ひとつ言えば、これはレクチファイア車ということが原因じゃないかも知れないけど、バッテリーのブリーザーホースからバッテリー液が(希硫酸?)かなり出てるみたいで、ホースが出てる左側のホイールのリムが点々と腐食してるんですよ。

 

最初はなんで左側だけ腐食するんだろ?って思っていたんですがどうもこのブリーザーホースからのバッテリー液が原因みたい。バッテリー液も良く減るし。

なので、レギュレター化して充電電圧を安定させれば放出される液も減るんではないかと考えたわけです。(素人考えですけどね)

まぁ今付いてるレクチファイアも当然劣化してる筈なので交換しよってことですね。

 

とりあえず、てっとり早く必要な物がそろう6VのJAZZのハーネス一式を入手してきました。

 

 

 

一番大事な6Vレギュレターが付いてるしね。

 

 

このカプラーも組み直して再利用するし。

 

配線方法はネットで先人の方々の資料を利用させて頂きました。いつもありがとうございます。

 

 

レギュレーター本体はこの位置に取り付け

 

 

んで、さっさとカプラーを作りなおして

 

 

ハイ完成 (^o^)丿

 

さぁ変化はあるのでしょうか?

 

 

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 23:02 | comments(0) | -
ボロリラ76 - イグニッションコイル替えました

表題の通り「イグニッションコイル替えました」です。

別に不都合は無かったんですけど、知り合いが「あげる♪」と持ってきてくれたので(しかも未使用品)ありがたく使用させて頂くことにしました。

 

 

う〜ん!、やっぱ新品は綺麗ですね。

 

 

もちろん純正ですよ。

 

 

外した物は結構錆びてます。スタットボルトが片方折れたし・・・(-_-;)

 

ちなみに新品に替っても違いは分りません(苦笑)

でも、プラグコードとキャップも新品になったので私が体感出来ないだけで、きっと変化はあるはずです・・・・きっと

 

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 22:22 | comments(0) | -
ボロリラ75 - クラッチの切れが悪い

メーターが治って一息ついとったっちゃけど

こんどはクラッチの切れというかフィーリングが悪かとです。

(暑いので博多弁で始まります)

 

よくよく考えてみると、前にクラッチの異音を修理した後から悪かったような気がします。

実際なんだかんだバラしたり組んだりしてるだけで、あれからほとんど乗ってないからそんなに気にならなかったけど、気にして操作するとやっぱりクラッチの切れも繋がりも微妙に変な感じ。ちゃんと乗れるんですけどね。

 

ということで軽く点検します。

(本格的にクラッチカバーを開けたりとかはやりたくない消極的な気持)

なので、まずクラッチアームのところの丸いカバーを開けてみます。

 

 

ん?

 

 

これってセンターがずれた状態で組んでますよね?

いや、でもこれくらいでクラッチのフィーリングって変わるのか?

 

 

とりあえず、バラしました。

 

 

アームも一度抜いて奇麗にして組みました。

 

すると・・・・なんということでしょう!

見事に違和感は消え去り普通のクラッチに戻りました。

こんな微妙なことが関係あるんですね。

この部分は組む時注意しないと、割と左右に遊びがあるので

意識的にセンターに合わせて組まないといけないんでしょうね。

勉強になりました。

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 14:34 | comments(0) | -
ボロリラ74 - メーターが調子悪い→修理後

前回修理したホワイトのメーターを取り付けました。

 

・・・動きました! 針はスムーズに45km超えていきました\(~o~)/

 

とりあえず良かったです。

不安だった正確性ですけど、スピードメーターがデジタル表示のトヨタ車に並走してもらって60kmぐらいまで確認したのですが、このくらいの速度だと大きな誤差は感じられませんでした。

ただ速度が上がるほど誤差が増えそうな感じだったので(実際の速度より早く示す)作業的には不完全修理ですね。

まあ、法定速度内では大丈夫そうなので良しとします。

 

あと全て終わった後に思ったのですが、せっかくケースを開けてバラしたんだからユニットが付く穴位置をずらして、ゴリラのキャリアに正常な位置で付くようにすればよかったかなと (-_-;)

でも、もう当分はメーターはバラしたくないんで傾いたままでいいです。

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 11:17 | comments(0) | -
ボロリラ73 - メーターが調子悪い→修理する その4

ということで、45Km以上針が上がらないメーターをさっさとバラします。

 

前回作ったSST(そんな大げさなものではないですけど・・・)を使ってカシメを外します。

 

今回は本番なのでカシメをこねて外す時にケースに傷が付かないようにテープで養生しました。

 

相変わらず苦労してカシメを外してバラして中身を確認したんですけどね、ハッキリした原因が判りません(涙)むしろ結構きれいな状態に見えます。

 

とりあえず、この白やブルーのギアに付いている古いグリスを掃除して、田宮のセラミックグリスを塗りなおして

 

メーターワイヤーの部分からクネクネ回してみました。

電ドラで回したり針を手で動かしたりしているうちに、何となく全体的にスムーズ感が出てきたので(?)これで良しとしました。

(良しの基準が全くもっていい加減です)

 

正常に45km以上を表示するかは装着後のお楽しみ♪

 

ゴリラのメーターはプラ製のブラケットとの間にクッションゴムを介して取り付けてあるのですが、社外メーターはリング部分の幅や全体の高さなどが微妙に違うので、そのクッションゴムの収まりがいまいちでした。

 

メーターが身軽なうちにスポンジテープを貼ってサイズ調整します。

 

 

 

OK完成ですね。メーターとしての正確性はどうでしょう?

かなり不安・・・・

 

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 09:48 | comments(0) | -
ボロリラ72 - メーターが調子悪い→修理する その3

前回、分解掃除したメーターを今付いているものと交換します。

 

って、相変わらずもう完了しています (-"-)

 

笑ってしまうフルスケール200Kmの存在感。

 

それでは、本来の目的であるこのホワイトのメーターの修理に取り掛かりましょう。


 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 09:48 | comments(0) | -
ボロリラ71 - メーターが調子悪い→修理する その2

前回の続き

 

このスピードメーターはトリップメーターが壊れているので、まずトリップ部分を撤去します。

メインの距離計とギアを介して連動しているだけなので簡単に取り除けます。

 

もう外してますけど針の上側、写真だと右側の部分から外しました。

 

外した部品。

 

次はメーターパネルのトリップの数字の部分の窓を埋めます。

 

裏から艶消しの黒のカッティングシートを貼って、

パネルの表から窓と同じ大きさに切った艶消し黒のシートを、裏から貼ったシートの糊面に貼り合わせて完了です。

 

 

 

レンズとメーターパネルの間の黒の板状のリングが錆びていたので簡単に塗装もしました。

 

塗装が乾いたら

 


外側のリングにガラスとゴムパッキンと塗装したリングを組んで

メーターケースと組み合わせます。

 

 

あとは地道にリングをカシメていきます。

トリップメーターのリセットボタンの穴は後で埋めます。

 

ここでふと気づいたのですが・・・ゴリラにこのメーターを使用する場合、メーター取り付けのプラスチックの枠にトリップのリセットボタンが当りそうなので、結局壊れてなくてもリセットボタンは外さないといけないんじゃないかと・・・・・

とりあえず壊れてて良かったということで(苦笑)

 

 

んで、こんな感じで完成です。

 

裏のカシメは素人仕事感満載。

 

トリップの穴は、仕事中に出る端材のシートを貼りつけました。(似合わない赤・・・)

 

次は装着ですね。

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 11:08 | comments(0) | -
ボロリラ70 - メーターが調子悪い→修理する

 

 

前回付けたこのスピードメーターなんですけどね、走ってみるとなんと!

45kmくらいから上に針が上がらない (涙) 針はなんとか頑張って上がろうとしているんだけど・・・・上がらない。

さすがジャンク。見た目はきれいなのに悲しい限り。

なんか悔しいからOHしてやる!

 

が、しかし・・・いきなりお気に入りメーターをバラすのは不安なので

オークションで入手のジャンク品で分解の練習してみる。

ドナーはこれ。タコメーターもセット。

 

 

お気に入りの筆記体デイトナロゴ。

しかし、汚い ((+_+))

 

 

このメーター、レバー回してもトリップの数字が動かない。

転倒かなにかでトリップダイヤルが押し込まれてギアが破損した感じ。

あとは湿気が入ってレンズが曇ってるのできれいにしたい。

 

 

タコメーターは文字盤を止めているビスが錆びているので交換したい。

 

まず、分解するためにマイナスドライバーを加工して工具を作ります。

曲げて削って先端を薄くして、炙って急冷して焼き入れみたいなことして出来たのがコレ。

 

 

 

これ使ってメーターのカシメを外していきます。

ステンレスなので超硬い・・・一気には絶対めくれないので

少しづつ広げて伸ばすように何周もして全体を起こします。

 

 

全てカシメを起こしたところ。

 

最後リングを外す時もガラスとゴムが食い込んでるので

無理してガラス割らないように慎重に外す。

 

 

リング取れました。

 

 

タコメーターもバラして錆びたビスを交換しました。

ビスは、ノートパソコンをバラした時に保存していた物が良い感じに使えました。

 

 

その2につづく

 

 

 

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 13:19 | comments(0) | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ