ボロゴリラ>ボロリラBLOG

オートステッカーネット店主の初代メッキゴリラあれこれブログです
モンキー組立13-渾身のパーツ収集・・・フロントフォークNO4
ブレーキ問題解決しました!



有るじゃないですか、素晴らしい物が。

前回のフォークのブレーキ問題を、先人の皆さんに相談した結果

「その部分のワイヤーのブラケット作るのは意外と面倒だよ」と・・・
「ブレーキに関する重要な部分だからそれなりの強度も要るしね」と・・・

ホームセンターに売っている汎用ステーで何とか作れないかと言う私の考えは
もろくも崩れ去っていきましたが

「ブラケット付きのドラムパネルが当時色々出てたし・・・それ探せば?」

なるほど。やっぱオークションか・・・(苦笑)

と言う訳でゲットしましたよ、結構時間掛かりましたけど。
「JRP」とか「スーパーモンキー」なんかの懐かしい響きの物も見かけましたが、
たまーに出品されても危険な値段まで競り上がって行くので、
駆け出しのモンキーレストア野郎の私は
一番手頃な相場だった武川製をゲットしました(それでもボチボチな値段)
JRPの物はエアスクープが付いててカッコ良かったんですけどねぇ。



とりあえず、フロントブレーキ問題が解決して良かったです。

追記
この頃から、部品収集癖が発症してしまい色々自滅して行きます・・・・
| | モンキー1号車 | 10:24 | comments(0) | -
モンキー組立12-渾身のパーツ収集・・・フロントフォークNO3
ところで、入手以来気になっていたこのボトムケースの謎の穴二つ・・・・



このキットは当時の市販車の部品の流用で作られているんでしょうけど
この部分はもともとのドラムストッパーの出っ張りの上に、
明らかに新たに溶接で追加されています。

んで、昔の雑誌の写真の細かいところを必死で見てみると・・・・
これはフロントブレーキワイヤーのブラケットを止める為に追加された部分のようですね。
手に入れたキットにはそのブラケットが付属してなかっただけと言うオチですね。

形状と仕組みは簡単そうなブラケットだと思うんですけど
実際に作るとなると強度の問題とかで意外と手こずりそうです。
でも、作らないとフロントブレーキが使えないし・・・

とりあえずみんなに相談です(結局他力本願)
| | モンキー1号車 | 10:06 | comments(0) | -
モンキー組立11-渾身のパーツ収集・・・フロントフォークNO2
さて、「ブログ更新パワー」があるうちに続けて行きます。

アルゴン溶接でクラックを埋めてもらったトップブリッジは
近所の仲良しショップでベルトサンダーを拝借しておおまかな形にした後
自宅でシコシコ鉄ヤスリで仕上げました。



調子に乗って削り過ぎないように踏ん張りました。
アルミなんでサクサク削れて面白いんですよ。

整形前の状態が↓なので



よっしゃ! 十分良しとしましょう。

実際ちょっと離れたら気になりません・・・・・・と思う



鉄のロワーのステムもブラックで塗装しておきました。

ということでキットの全体写真です。
武川のかなり初期のキット(だと思う)にしてはそこそこの状態だと思いますが・・・
修理したトップブリッジの強度については・・・ ちょっと不安あるかも(汗)



フォークオイルのお漏らしがあるのは装着までの課題ということで・・・



| | モンキー1号車 | 09:23 | comments(0) | -
モンキー組立10-渾身のパーツ収集・・・フロントフォークNO1
フレームの塗装が完了したので、真剣に部品収集に入りました。(2012年頃)
先ずは、高校生だった時に憧れたボトムリンク式?
要するに今じゃ普通(いや更に進化してますけど)の正立式のフロントフォークキットを探します。

手に入れました・・・

しかし、毎度の部品運の無さ・・・・
よーく見るとトップブリッジにクラック有り。(あまりにショックでクラックの写真は撮影せず)
しかし、武川のかなり初期のセットと思われるこのキット、
今回目指す完成形に合致する逸品なので何とか復活させたいと
昔から何度も車用のアルミ部品の溶接修理を御願いしているショップに持ち込みます。



しかし・・・

「古い鋳物のアルミはやりたくないんだよねぇー、絶対歪むから」

特にフォークをつかむ部分に向けてのクラックだったので(ギリギリ横断はしていない)
クラックの場所を確認するや否や、しっかり断られましたけど

「時間はいいんで・・・ 来週取りに来ます」 ?・・・矛盾している

と無理やり置いてきました。
責任感の強い職人さんなので、次の週に引き取りに行くと

「仕上げの整形は自分でやって」





当然でございます。ありがとうございました。

| | モンキー1号車 | 13:47 | comments(0) | -
モンキー組立9 - フレーム・・・塗装2

戻ってきましたよ、フレーム(^o^)丿



いやー・・・ 凄い変わりようですね あの状態から。



綺麗になって気付いたんですけど、このフレームって
マフラーの取り付け部分やエアクリーナーの取り付け部分が
カットしてあったんですね。



まぁ、オリジナル命のレストアじゃないんで気にしませんけど。
むしろ一番気になるのは請求金額です・・・
 

| | モンキー1号車 | 12:06 | comments(0) | -
モンキー組立8 - フレーム・・・塗装

やっぱりねフレームはブラックですよ、ブラック いわいる黒。

仲良しの工場にペイントしてくれーぃ! と持って行きました。



こんなクルマや



こんなクルマをレストアしている工場に



このフレーム・・・・

な、なるべくお手軽価格で御願いします (汗)

| | モンキー1号車 | 22:52 | comments(0) | -
モンキー組立7 - フレーム・・・厳しい現実

(ノ∀`)アチャー

| | モンキー1号車 | 22:00 | comments(0) | -
モンキー組立6 - フレーム入手

手に入れましたよ、フレーム。



結構コンパクトな梱包で送られてきました。
フレームだけ見ると尋常じゃないくらい小さくて
これを組んで行って本当に人が乗れるバイクになるんだろうか・・・
心配になりました。



フレームナンバーはZ50J-13xxxxxなので6Vの5Lタンク車の物ですね。
しかし・・・気になる白のフレームは塗り替えなのか、こんな限定車があったのか・・・
いや、もしかしたらゴリラの物なのか・・・
とりあえず、予算的に希望範囲内だったので(これ一番大事)
細かい事は(いやゴリラのフレームだと細かくないが・・・)今は黙認ということで。

 

| | モンキー1号車 | 22:38 | comments(0) | -
モンキー組立5 - フレーム

と言うわけで、フレーム探しを始めました。

TG「要らないモンキーのフレームない?」
周りの人「は?・・・・」

一応懲りずに回りにも声かけてみました・・・

とりあえずオークションで探し始めたんですけど・・・・(2011年頃)
びっくりしたのがレプリカフレームというか中国製の物の多さ!
何じゃこりゃ〜 ロングタイプもあるし・・・ 知らなかったこの現状。
価格の安さにもびっくりしたんですけどやっぱりねぇ・・・
フレームは一番大事な部分だし、ここはHONDAオリジナルで行くことにして
真剣に探し始めたんですけど

フムフム・・・

ここにきて初めて4Lフレームと5Lフレームの違いが判ってきたTGです。
なるほどねぇ タンクの取り付け部分とリアフェンダー&リアショック取り付け部分
あとキーシリンダーのブラケットのところなんかが違うのですね。(判りやすい部分のみ)

んで、出品物を見ていくと・・・・
4Lフレームは出品が少ないうえに、程度が悪くても結構な値段がする。
12Vフレームはそれなりに良い状態の物が出品されているが、やっぱり数が少なく値段も高い。
なので、5Lタンクの6V車のフレームに的を絞ることにしました。まぁ金額最優先ですけどね。

| | モンキー1号車 | 18:12 | comments(0) | -
モンキー組立4 - ベース車

さてさて先ずは何はさて置きベース車ですよ、ベース車。必要なのは。
ということで、仕事中を含め会う人会う人に

TG「要らないモンキーない?」
周りの人「は?・・・・」

まぁいきなり言われてもねぇ・・・
一応自動車関連業界の中で働いているので「モンキー」と言えばバイクのことってのは
説明無しに伝わるので問題ないんですが
さすがに「要らないモンキー」を持っている人などそう簡単に見つかるはずも無く
逆に「大切なモンキー」を持っている人にはかなり遭遇しました(汗)
同じ業界の人でモンキーを長年隠し持ってる(別に隠し持ってる訳じゃないでしょうけど)
隠れモンキー所有人の方が意外に多いのにびっくりしました。

その後、その「大切なモンキー」を持っている人達に色々御世話になるわけですが、その時に

「フルオリジナルとか完全ノーマルとかに拘らないのなら、まずフレームを手に入れてから部品集めて組んでいけば?」

ふ〜ん・・・

「そうしたら無駄なく自分の思い通りに作れるよ」

ほほーなるほど。


よーし・・・・フレームだな! まずは。

| | モンキー1号車 | 12:08 | comments(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ