ボロゴリラ>ボロリラBLOG

オートステッカーネット店主の初代メッキゴリラあれこれブログです
ボロリラ85 - メッキゴリラのフロントキャリア

今回もフロントキャリアの話しの続きです。

 

6V後期ゴリラ用のフロントキャリアをリミテッドゴリラに使う場合、

(リミテッドゴリラの鉄製ライトケースと組み合わせる場合ですね)

私は前回書いたこのワッシャーを剥がして使っています。

 

点付け部分をちゃんとドリルで揉んで剥がすのが正攻法だと思いますが、

私は薄手のタガネやマイナスの貫通ドライバーを、ステーとワッシャーの隙間に打ち込むという荒業で剥がします (^o^)丿

初めてやった時はビビって(必要以上にキズとか付けたくないし)恐る恐る打ち込んでたんですけど、何個かやって(?)慣れてくると迷いなくガツッとイケるようになりました!

 

ポイントとして必ず車体に取り付けた状態で行うこと。

これはフロントフォークにしっかり固定されることによって叩いた衝撃でキャリアの変形を防ぐ為です。キャリア単体で叩くと、必ずどこかが変形します(経験者涙談)あと、ワッシャーとステーの間に上から打ち込んでいくのですが、最初の狙いは3か所の点付けの中の一番上の部分を目がけて打ち込むのが良いです(あくまで個人の意見ですよ) 一個所剥がれると一気に隙間が開くので、その隙間から残りの2か所の点付け部分を同じように上から狙い撃ちすれば想像より簡単に剥がれます。

 

私が初めて挑戦した時は、タガネが入りやすそうな点付けと点付けの間を目がけて打ち込んだのですが、そこから攻めると点付けが頑張ってなかなか剥がれません。あげくにタガネをこねて点付けを外そうとしたためキャリアのステー部分が少し変形しました(涙)

 

ワッシャーを剥がした後。

 

どうしても傷はつきますが、ライトケース付けるとほとんど見えなくなるので良しとします。

 

剥がしたワッシャー。

 

裏側。

 

ケース装着。

 

やっぱり、ワッシャー無しの方が幅など違和感ありません。

 

今回もまた「だれトク?」な話でしたね。((+_+))

 

 

 

 

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 11:41 | comments(0) | -
ボロリラ84 - メッキゴリラのフロントキャリア

メッキゴリラのフロントキャリア

 

 

前回のタンクキャップと同じくメッキ部品美化欲の流れで

フロントキャリアも今より状態の良い物に替えることにしました。

以前から出物があるとその都度入手していたんですが

このメッキフロントキャリアは小さな違いですけど実は2種類あります。

 

ゴリラのメッキのキャリアと言えば私の持っている初代リミテッドや

その後の東京リミテッド専用と思われている方が多いと思いますが

実は6V後期(3.1ps)のゴリラ(Z50J-1600000〜6V最終まで)には

メッキのフロントキャリア&リアキャリアが標準で装備されています。

オークション等でフロントキャリア単品で出品されている割と奇麗な物は

リミテッド用よりも6V後期用の場合が多いです。

製造年が新しいので奇麗で状態が良い物が多くて当然ですね。

 

んで、肝心の違いなんですが6V後期用にはライトケースの取り付け部分に

この様なワッシャーが点付けしてあります。

6V後期用↓

 

こっちがリミテッド用↓

リミテッド用にはワッシャーがありませんね。

 

その理由なんですけど、前期のリミテッドモデルのライトケースはメッキ仕上げの金属製です。対して6V後期のケースは黒の樹脂製の物になります。

私の想像なのですが、恐らく樹脂製のケースの方が取り付け幅が微妙に小さいのではないかと思います。後期の6Vのケースを持ってないので、実際に測ってはないのであくまでも想像ですが。

 

私がこのワッシャーの有無に気づいたのは、何も知らずに程度の良いキャリアを車体に付けて、そのキャリアにライトケースを付けて、最後にライレンズを付けようとしたらリムとケースの納まりが妙に悪かったからです。

力ずくでリムの下にある+ネジも止められるのですが、リムの上下とケースの間に微妙に隙間が出来る感じです。

最初はケースかリムが楕円に変形しているのかと思いましたが

手持ちの部品と色々比べてみるうちにワッシャーの存在に気づきました。

 

 

(フロントフォークに付けると、キャリアの取り付け部分が内側によるのでこの隙間は上にもっと広がる)

 

ややこしいのは、このようにワッシャー付きのキャリアにもメッキライトケースが窮屈ですが、とりあえず装着は出来るということです。

特に車体にキャリアを付けない状態だと、ケースの取り付け部の幅に多少の余裕が出来るので上の写真のように割とスムーズにケースが付けられます。

ただし、最終的に車体に装着してライトレンズを付ける時にきっと違和感を感じるはずです。

もちろんキャリアやフロントフォークの取り付け部の位置等の個体差で、特に気にならずに取り付け出来る場合もあると思います。

 

もし6Vリミテッドゴリラをお持ちで、フロントキャリアを交換後に

ライトレンズの納まりに違和感を感じられてた方は、この部分のワッシャーの有無を確認されてください。

私は窮屈なキャリアに無理やり取り付けていたら、知らぬ間にガラスレンズにヒビが入っていたことがあります(涙)

 

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 22:21 | comments(0) | -
ボロリラ83 - 6Vゴリラのタンクキャップ

これもまた、前から気になっていたシリーズ

 

これはメッキゴリラ特有の物じゃないと思いますけど

ゴリラのタンクキャップの話です。

メッキゴリラのメッキガソリンタンクに限らず

初期のゴリラタンクのタンクキャップはこれです。

 

*古いキャップの写真

 

表面が平らなのが特徴ですね。

同時期のCB50とかにも使われています。

私のボロリラ号のキャップも当然このタイプですけど、いかんせん古さのために結構痛んでます。モンキーのキャップと比べると直径が大きく表面積が広いので錆も目立ちます。

ボロリラの名前ながら最近はメッキ部分の美化欲が強くなり

このキャップもきれいな物にしたいと思い現在の適合品を入手しました。

 

 

*新しいキャップの写真

 

金額は意外と安くて1000円しなかったはず(2017年初頭)

並べてみると以前の物より部妙に真中が膨らんでいる。

 

*新旧並べた写真

 

やっぱ新品はメッキが奇麗。喜んで装着したんですけど・・・・

 

これがね、走行すると何故かキャップの周りからガソリンが滲むんです。

ガソリンも満タンじゃなくても。(6-7分目くらい)

新品パッキンの当たり具合かなと思って、前のゴムパッキンに替えても同じように滲みます。

タンクの方の当たり面を掃除したり、キャップの締め方を工夫(?)したり

色々努力してもやっぱり漏れる。

 

 

改めて外して見比べると、表面の膨らみ以外にも内側の形状が結構違う。

かと言ってこの形状の違いが原因だとは限らないと思うけど

漏れるものは漏れる

 

ちなみに、今付けてるタンクの前に使っていたボロタンクにも

新しいキャップを付けて走ってみたけどやっぱり漏れる (>_<)

 

 

結局、メッキの状態が少しだけ良い表面が平らでブリーザー付きの

秘蔵品中古キャップに落ち着きました。

これだとほぼ満タンにしても今のところ問題ありません。

 

これってメッキタンク特有の問題?

それとも、たまたまこの新品キャップに何か問題があるのでしょうか?(涙)

 

| TG | ボロゴリラ>ボロリラ | 12:34 | comments(0) | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

このページの先頭へ